~HARUKAピアノ教室~ 札幌市西区

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毎日こどもピアノコンクール

先週の日曜日、息子が初めてのコンクールに参加してきました♪


いつも一緒にソルフェージュやリトミックを習っているひとつ年上の女の子とペアで、連弾の部で出てみよう!と先生に誘われ、あれよあれよで参加することになりました。

曲は、中田喜直さんの「汽車は走るよ」という曲。

楽しいけれど、小学低学年にはなかなかの難しさ!

習って一年、プリモの連続スタッカートのパッセージは酷ですよ…´д` ;
グリッサンドも指から血を流しながら頑張りました。
(ある日鍵盤が血まみれに!!)

セコンドの伴奏も小学二年生には掴みきるのも難しい和音続き!
二人ともよく頑張りました。


当日プログラムには、小学生組は10組中私たちを含め2組しかおらず、後は中学生高校生のお姉さんペアばかり。
息子が唯一の男の子で最年少でした。

実は、私も先生もソロの方はよく生徒さんを出していたのですが、連弾は初めてのことで、よく分かっていなかったんです


結果は…
努力賞より上の奨励賞を頂いてしまいました!


正直、前日の弾き合い会では特急列車になってしまい、本番も怪しまれていたので、無事弾き終えたことに安堵。
その上賞が頂けるなんて!
息子も名前が呼ばれたときは、慌てて壇上に上がっていきました(o^^o)

頑張ったら、必ずいいことがある

これ本当ですね♪
良かったね

息子の練習あれから・・・

あれから、練習の試行錯誤はまだ続いています。

そして分かったこと。

練習の何が嫌なのか・・・
今まで短い曲ですらすら弾いていたのに、下巻に入り急にたくさんの音読みが出てきて本人も戸惑っているようだ。
練習しなくても何となく弾けていたのに、そうもいかなくなってきた。
さぁ大変!!
ということで、イライラしているようだ。
ひどいときには母に八つ当たりをしてくる。
ただ近くにいるだけでとばっちりを受けるのだ。←これには笑ってしまうのだが
だからわざと関心のないふりをしてお料理をしていると、遊び弾きを始めて何十分も弾いている。
いわゆる現実逃避だ
遊び弾きはいいけれど、やりすぎて時間がなくなるので、ここでまた一声かける。
一向に進まず終わる・・・という毎日。


そこで、まず初めての曲の音読みは机で一緒にやることにした。
歌いながら片手ずつ。
ピアノに向かってやるよりは落ち着いてできるようだ。


そして、「できるまで」という抽象的な枠を「5回弾く」と具体的にした。
右手5回、左手5回、両手5回。
できてきたら「間違わないで5回」「間違ったところを5回」。
これだけでも息子にとっては、弾くという行為がかなりできるようになった。


さらに、遊んで疲れて帰ってきて集中力のないときには
「5回弾いたらグミ」作戦を実行中
5回弾いたかは彼の自己申告に任せて、申告があれば「グミおばさん(私)」がやってきて、グミを口に放り込むのだ。
今のところ、これは効いているようで、かつてないほど集中して指を動かしている。
グミは小粒なものを買ったので、すぐなくなっていい。
何より食い気の息子にはぴったりの「餌付け作戦」だと思う。

不本意ではあるけれど、何度も何度も繰り返し弾くという行為に慣れていってほしいものだ。
残念ながらピアノの練習に近道はないのだから。




体育の日

体育の日。

清々しい秋晴れだったので、我が家は久しぶりに思い立ってドライブへ出かけてきました

定山渓をぬけて中山峠まで。

残念ながら紅葉にはまだ早かったのですが、秋の空気と景色を楽しむことができました♪

お目当ては、これまた久しぶり(何年ぶり?)の名物「あげいも」!
食べ盛りの息子もいるので、3個1串を2本。
それからここ何年かで名物となっているらしい「塩から揚げ」を1袋購入。
ところが、息子はあげいもを食べようとせず・・・
結局大人二人で1本ずつ食べることに。
「塩から揚げ」も食べてみたかったので、1個食べた後の「あげいも」は、かなりお腹をもたらせてくれました。
案の定私は脂っこくてギブアップ

他には「ケバブ」という、羊肉か鶏肉かの肉をサラダと一緒にパンに挟んだ「トルコ」の料理やホットドッグ&ハンバーガーなども人気らしく、かなり並んでいました。



食後は、隣接している美術館に。
入館無料なのは嬉しいです。
私は初めての入館だったのですが、思っていた以上の広さに驚きました。
絵画などの美術品もさることながら、美術館から観える景色や館内の雰囲気がすばらしくまた違う作品に出会いに訪れたくなりました。
そんな中、私の友人チェリストのチラシを発見。
http://www.iwanai-h.com/art/img/top/2012_pikaso.pdf


帰りはかなりの渋滞でしたが、「食欲の秋」「芸術の秋」を堪能できた一日でした




アラベスク

「アラベスク」


[広告] VPS



慌てて撮ったので、途中からになってしまいました。


テクニック的に、息子には本当に難しかったです。

ほとんど耳コピではないかと思うくらいの譜読みの速さでしたが
弾き込みはそう甘くなく、速いパッセージを何度も何度も練習しては「弾けない!」と嘆く息子。
母として、ただ応援するしかなく・・・


5歳児の難しさと性格が相まって
もうすでに練習させる難しさを痛感してきた今日この頃です。
(始める前からうすうすは気がついていましたが)

録画を観ていると、まだまだあどけなくて小さな子どもなんだなぁと思わされます。
日頃は、口も達者になってきて、どこで覚えたのか汚い言葉使いも面白がって使ったりと
もう5歳だという態度で接していましたが、まだ5歳なんですよね。
そして、私も母初めての5年生。


もう一度、忘れていることはないかなと育児書とにらめっこをしている毎日です。
頭でっかちになろうと、いろいろな引き出しを持っている方がいい。
いい方向に向かいそうだと思ったことは、やってみる。
何度でもやり直しはきくのだ。

親子関係が良く保っていれば、練習もおのずといい方向に向かっていくと信じている。

子育てのこと、母としての練習に対する向き合い方をこれからじっくり考えて
一つ一つ試していきたい。

初めてのミニ発表会♪

長男の幼稚園最後の夏休みが終わりました♪

キャンプ・お墓参り・花火・盆踊り・水遊び・・・
夏の王道を一通り楽しみました。


そんな中、縄跳びやピアノの練習も頑張っていました。
飛べなかった前飛びも44回達成!!

ピアノは夏休み後半のミニ発表会に向けて、コツコツと頑張っていました。
時に上手く弾けずに、涙したり、母に八つ当たりをしたりでしたが、発表会ではない曲も次々楽しんで弾く姿も見られました。

当日は、いつもうるさいくらいおしゃべりの長男ですが、「ドキドキする・・・」と無言。
教室に入るなり、真剣な顔。
トップバッターで頑張りました♪


[広告] VPS



さて、9月は頭にブルーベルリトミックの発表会!!
これは始まったときから、大張り切り!
運動神経は相変わらずですが・・・とても楽しんで表現しています。
新世界や剣の舞、ライオンの行進、どれも素晴らしい作品です。
もうすっかり染み込んだ様子で、ピアノで弾いたりしています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。