~HARUKAピアノ教室~ 札幌市西区

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自由研究

さて、我が家の自由研究ですが...
かなり親が介入しています。
それは、自由研究はまさに普段出来ない勉強ができる最高のチャンスだからです!!


自分で全てやらないのはズルなのかなとかいろいろと悩んだりするところもありますが。


図画工作の苦手な息子、それは幼稚園時代からのお墨付き!
我が子可愛い親の目から見て欲目でも上手と言えない数々の代物を見てきました。
そんな息子の興味の中から勉強と字を書くことに注目。
そしてやはり音楽を学んでいるのだから音楽の世界ももっと知ろうよ。そしてせっかくだから作って「ハイさよなら」ではなく、形に残って後から見返せるものにしようよ。
というわけで...


小1のときは夏にベートーヴェン、冬に作曲家誕生日カレンダー。
小2の夏は、作曲について学んだことをまとめ、二曲作曲。

そして今回は、初めてこれからバッハの作品にふれるということで、バッハについて学ぶことにしました。
バッハについては文献がたくさんあり、我が家にも学習漫画や絵本、辞典など様々な参考文献がそろっているので、パソコンで画像検索しながら私も改めて学ぶつもりで取り組んでいます。
裏話も出てきてなかなか面白いです♪

調べたことを模造紙にまとめ、スケッチブックに貼っていきます。
絵の練習がてら作曲家の絵は描かせます。
六年間、夏か冬どちらかで研究すれば最低6人の作曲家について学ぶことができます。
私の目的は、そこから自分で興味を持ってもらうこと。
何せ普段は車とドラえもんと、学校の勉強、チャレンジタッチ、友達、プールのことで頭がいっぱいですから。「この作曲家はどんな人生を送ったのだろう」「この曲はどんな風に作られたのだろう」などという疑問が浮かぶはずありません。
でもピアノを弾く上で、楽曲について知ることはとても重要なことなのです。その作品が作られた背景や作曲家の心情などを知ることで、より深い音楽表現ができるからです。
ただ楽譜通りに、そんな演奏つまらないですものね。
まぁ、楽譜通りに弾くことが難しいのですが。



今のところ、ベートーヴェンで調べて書くことを経験したせいか、今回は前回よりもスムーズに進んでいるようですし、「どうして仕事先を転々としたんだろう」などという疑問も持てるようになってきたようです。
親も苦労しますが、息子も私が一緒に頑張ってくれている気分で楽しい様子。

息子の拒否があるまで、この企みは続く予定です。ガンバレー









スポンサーサイト

第24回日本クラシック音楽コンクール

夏休みに行われた予選では、
ベートーヴェンの「エリーゼのために」を演奏し、予選を通過。

そして10月、昨日本選がようやく終わりました。
本選は春の発表会で演奏した中田喜直の「変奏的練習曲」を更に弾きこんでトライしました。


テクニック的にも表現面でも難しい曲。
オクターヴも届かない小学2年生の小さな手と身体で、どう表現できるか、そしてコンクールということでミスタッチの問題も最後まで苦労しました。
本番は好きだけどコツコツ練習は嫌い、という典型的な元気はつらつな息子。
それでも1位を取りたい!
全国に行く!
という野望だけはあるらしく、それならばと私も時間があるときは付きっきりで練習に付き合いました。
とはいえ、他のレッスンもあったり、下の子のお世話もあり、学校との両立は毎日闘いでした。


本番前日は、私がまさかのダウンで一人で練習。
本番当日は復活できたものの、やはり緊張と興奮で相変わらずの落ち着きのなさに、大丈夫かとヒヤヒヤしていました。
が、ステージでは別人のように歌い上げ、自分の音色を楽しんで演奏。ほぼノーミス!
先生も大満足の演奏をしてくれました。
結果はどうあれ、息子のやりきった笑顔とあの演奏を聴くことができただけで満足。
それでも結果発表には講評が頂けるので二時間近く待って、全員が参加。


結果は...


82.82.82.84=82点
見事2番目に良い得点で優秀賞と全国大会出場へのキップを手にすることができました\(^o^)/全国は狭き門であるこのコンクールで、よく頑張ったと思います。
とはいえ、思っていたより今年は全国へ進んだ人が多かったような...


ちなみに最高得点を取ったお姉さんは、やはり上手いなぁと感心した方でした。姿も演奏も小学生とは思えないくらいに大人びていて段違いに素晴らしかったです。

他にもレベルの高い演奏ばかりで、一講師としても大変になった一日でした♪



変奏的練習曲:中田喜直"ピアノの発表会"



3月15日
小学一年生の長男二回目のピアノの発表会でした♪

中田喜直作曲
変奏的練習曲

を演奏。
約8分間、頑張りました。

堂々としたテーマと8つの性格の異なるバリエーションで作られた作品です。
8つ目は、何とも男性的なパワー満点のかっこいいバリエーションになっているので、男の子にはもってこいの作品です♪
練習曲という名にふさわしく、7連符など指を速く動かしたり、右手の連符に合わせて左手は8分音符で動かしたり、とにかく技術的に難しく、それらをコロコロと弾き分けて、ひとつの作品としてまとめなければならないという点でもとても難しい曲でした。


一週間前に行われた先生宅での勉強会で、全てが終わったかのように練習に身が入らなかった息子。
どうなるかなーと思っていましたが、やはりすごい集中力で弾き切ってくれました。

やっぱりスタインウェイピアノには負けていたけれど(笑)
それは追い追いね(^_−)−☆


今回の発表会も9:00入りに始まり、反省会も含め17:30までと長丁場。
昨年と比べても周りの子達のDSを横目に随分頑張って待っていられるようになりました。
3分間のリハーサルでも自分でバリエーションを選んで先生に提案するなど、成長が見られました。

来年はもっと他の人の演奏が聴けるといいなぁ。

第二回スタインウェイピアノコンクール



1月は、長男の受賞者コンサートでした♪

11月、初めてのソロでのコンクール。
本当に落ち着きなく、チョロチョロしっぱなしの息子~_~;
今思えば、緊張していたのかなとも思いますが…
本番では、

クーラウ作曲 ソナチネOp.55-1
中田喜直作曲 エチュード・アレグロ

を演奏。
何かに取り憑かれたようなすごい集中力でした。
そして見事、優秀賞を頂きました♪




そのコンクール受賞者コンサートでは

平吉毅州作曲
ささぶねの航海
真夜中の火祭り

を演奏。
私には、聞き馴染みの生徒に弾いてもらいたい曲のひとつだったのもあって、血なのか、息子もとても気に入ったようで、頑張って練習していました。

「聴いている人が感動してくれる演奏」

これを目標として欲しいと常に伝えていました。
習ってまだ1年半ちょい、どうしたって技術面では劣ります。
でもやっぱりこう弾きたい、伝えたいという気持ちは大事です。
私の生徒にも常に伝えていることです。
そして、楽しく演奏できたらいいねと。

本人もスタインウェイで気持ちよく演奏できて、満足満足のコンサートでした☆

でもやっぱりスタインウェイピアノを弾きこなすには、まだまだだね(*^_^*)

夏休み♪

コンクールからすっかり日常に戻った我が家。

小学生になって初めての夏休みに入りました☆
宿題盛り沢山(^_^;)
朝早く起きて、ラジオ体操にも参加しています♪


それでもレッスンはやってくるもので、やはり練習はボチボチ頑張っています。


春にバイエル上下巻を終わらせ、今は

*ピアノのテクニック
*チェルニー 小さな手のための25の練習曲
*ブルグミュラー:シュタイヤ地方のおどり・バラード・タランテラ

を習っています♪
8月末には恒例のお勉強会があるそうで…

いやいや!
今年も遠くには出かけませんが、キャンプをしたり、盆踊り、お墓参り…と練習だけではなく、夏を満喫させてあげたいですo(^▽^)o

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。